6/14(火) 旬のそら豆で仕込む 「豆板醤作りWS」

開催日 6/14(火)
開催時間 10:30~11:30
受付状況 受付中
参加申込
美味しくて健康的なランチの【bancahキッチン】の菊池奈々さんによるワークショップイベント
今回は旬の空豆を使った「豆板醤づくり」のワークショップです!
豆板醤と聞くととても作るのが難しいように思われますが、仕込みだけなら簡単にできてしまうそうです。
普段はチガラボでBanchaキッチンをされている奈々さんに教えていただきながら、参加者の皆さんとおしゃべりをしながら楽しく豆板醤を仕込みませんか?
 

以下奈々さんからのメッセージです

ーーーーーーーー

旬のオーガニックそら豆で仕込む

「豆板醤作りWS

中国四川省がルーツの赤くて辛い発酵調味料の『豆板醤』。

日本では生のそら豆を使って作るのが一般的です。

そら豆の旬の今、自家製豆板醤を仕込んでみませんか。

自家製なら辛さの調整は自由自在です。仕込む時に味を見ながら好みの辛さになるように唐辛子の量を調整します。

今回は辛さがマイルドで赤みのよく出る韓国唐辛子を使いますが、辛味が強く赤みの薄い一味唐辛子をブレンドするのもおすすめです。

仕込んで1か月後から使えますが、12年と熟成させると濃厚さが増していきます。

ーーーーーーーーーー

☆イベント概要☆

日時: 6月14日(火)10:30-11:30

場所: コワーキングスペースチガラボ

     茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5階

参加費: 一般 2,500円 メンバー 2,000円
☆ワークショップ参加の方は当日のランチが¥200引きになります!

☆講師紹介☆
発酵文化人(はっこうぶんかびと)・野菜栽培士 菊池奈々
手前味噌作りを経験したことと葡萄がワインに変化する過程を知ったことで、微生物の働きによる”発酵“に興味を持ち、実験と称して自家製調味料作りなどを愉しむようになりました。
菌が生きている手作りの調味料は体にも良くて旨味も豊富で味わい深いことがわかり、他の方にも自家製調味料作りの良さや楽しさをお伝えしたいと思って、公民館やコミュニティスペースや自治会関連の場等でワークショップを行なうようになりました。
2021年12月からは毎週火曜日にチガラボのキッチンを使って、自家製調味料を使ったり地産地消の食材を使ったりするランチの提供にも挑戦しています。
ワークショップ当日もチガラボランチ営業しているので、是非お立ち寄りくださいませ!
イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込