1/23(日) \満員御礼!/【チガラボLife】もしバナゲームをやりながら 縁起でもない話をする会

開催日 1/23(日)
開催時間 13:00~16:00
受付状況 キャンセル待ち
参加申込

※満員御礼となりました。キャンセル待ちご希望の方はお気軽にメッセージください^^

 

自分の余命が半年だったとして、あなたはなにを大切にしますか? どんな最期を迎えたいですか?

医療技術の進歩により人生100年時代と言われるようになりライフプランやライフスタイルは昔とは大きく変わり、IT技術の発達により誰でもあらゆる情報にアクセスできるようになり、人々の幸せの価値観は日々変わり続けています。

今回のイベントは、医療従事者で人よりも死というものを身近に感じているやえこさんによる、

「時代の過渡期に生きている私たちは、なにを大切に生きていきたいのか?」をカードゲームをしながらフランクに語り合う会です。

以下、やえこさんからのメッセージです。


 

こんにちは TAKURAMIメンバーの小島弥恵子です

医療現場で働いています その中で多くの選択場面や別れの時を見てきました 

本人や家族の方々の向き合い方は皆さん違うのです

私は医療従事者として、『寄り添う』という大切な課題と向き合っています

新聞記事でこのカードゲームを知り、家族が実際にやって語り合った特集をTVで観たことがあります 

大切なことを普段の何気ない時に語り合う、美味しいご飯を一緒に食べながら『いつか訪れる時の話』を和やかに話す時間の中で、自分の思いを伝られてホッとした家族の思いを知ることが出来たなどを感想で話していました

今を生きる中で いつか訪れる「もしもの時」をカードゲームで体験して大切にしたいこと 伝えたいことを一緒に思いながら語ってみませんか? 

自分以外の人が『大切に思う』価値観を感じてみませんか?

そんなことまだ先のことだと思っている人、少し立ち止まってゲームで『大切』を自分に聞いてみませんか? 

もしバナゲームを使って【縁起でもない話】を気楽に繰り返し語り合えるキッカケになればと思います

 

 

<イベント概要>

日時:2022年 1月23日(日)13時~16時

場所:コワーキングスペースチガラボ

茅ヶ崎市新栄町13−48ワラシナビル5F

参加費:一般1500円 メンバー1000円

定員:今回のイベントはリアルのみ4名でお願いします

 

<タイムスケジュール>

13:00~13:30 主催者の挨拶 自己紹介

13:30~14:30 ゲーム説明(簡単です予備知識は要りません)ともしバナゲーム体験

~ 休憩タイム ~

14:45~15:30 ゲームのシェア&語り合い(主催者も参加します)

15:30~16:00 まとめと感想(自分へのメッセージ)

 

<主催者プロフィール>

名前:小島弥恵子(やえさん やえちゃん)

出身:東京下町 昭和的には暮れなずむ街 タケちゃんマン実家近く

平成令和なら 荒川アンダーブリッジ近辺の街

いつしか大人になって 様々な出来事や環境のなかで選択を続けながら現在に至ります

仕事:ずっと看護師

学生アルバイトで 

・鳩のマークのスーパーレジ(電卓打ちの時代)

・喫茶店のホール(美味しいコーヒの味を覚えました)

・歯科助手(将来の仕事選択候補になりました)

 

エキストラバイト事務所に登録して最初で最後のバイト依頼が学校と重なり断念、もしサボってやっていたら将来の選択肢が変わっていたのかも知れないです

 

人生は一度きり 選択の繰り返しだと思います 待った無しの選択

もしそのタイトルが命のことだとしたら・・・

『生きているから死が語れる』必ず誰にも訪れる時の話を今の気分はこんな感じ~みたいに『フワッ』と話せるってイイなって思うのです

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込