12/13(日) リアル開催:みみここカフェ 〜聴こえる・聴こえないをこえた対話の場〜

開催日 12/13(日)
開催時間 10:00~12:00
受付状況 受付中
参加申込

「みみ」と「こころ」、「聴こえる」と「聴こえない」をつなぐ「みみここカフェ」

 

聴こえない・聴こえにくいことから生まれるさまざまな社会的ハンディキャップや心の問題を多くの人と共有し、地域や社会とともに解決していくこと目指す、一般社団法人4Hearts(フォーハーツ)が主催するイベントです。

 

ご自身が耳に障害を持つ方、親御さん、お子さん、パートナー、ご友人、そしてご高齢で聞こえにくくなってきた方。それぞれがそれぞれに、困りごとを抱えていることと思います。すぐに解決は難しくても、まずはみんなで共有してみたい。みんなで一緒に、解決の糸口を探ってみたい。そんな想いで、このイベントを企画しました。

 

当日は、聴覚障害の当事者である代表の那須かおりと一緒に、誰もが気軽に発言でき、みんなの意見が尊重されるフリートークの時間をたっぷりとご用意しました。手話通訳、文字による情報保障もありますので、どうぞお気軽に。もちろん手話や聴覚障害に興味のある聴こえる方のご参加も、大歓迎です。「聴こえる」「聴こえない」をこえて、一緒に未来を描いていきましょう。

 

日曜日の午前中、気負うことなくゆったりとおしゃべりしませんか?

心から、お待ちしています。

▼概要

日時 :12/13(日)10:00~12:00
場 所:コワーキングスペース チガラボ
    茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F (茅ヶ崎駅3分)
参加費:1,200円
    ※ワンドリンク付き。
    ※フェイスシールド代込み。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
定員:10名

▼スケジュール

10:00〜自己紹介

10:20〜4Hearts紹介、代表・那須かおり自己紹介、イベント趣旨説明

10:40〜フリートーク〜那須かおりによる哲学対話(※)〜

11:30〜懇親会

 

哲学対話とは…

「何を言ってもいい」「否定しない」「知識ではなく経験に基づいて話す」など複数のルールに基づいて対話をします。自分と他者を尊重しながら、自由に考えることができる“あったかい居場所”です。

 

▼こんな方、是非ご一緒しましょう!

・ご自身の聴覚に障害がある

・お子さんや家族、親族に聴覚障害がある

・親御さんに聴覚障害や聴きづらい症状が出てきた

・高齢により耳が聴こえにくくなってきた

・手話を勉強中で、聴覚障害者の困りごと解決に関心がある

 

▼ご参加いただく方へ

・エントリーフォームの備考欄に、【1:聴覚障害者との関係性(当事者、家族、友人など)、2:必要とする情報保障(手話、文字など)、3:相談したい内容や悩み】を必ずご記入の上、ご参加ください。事前にこちらから確認のご連絡を差し上げる場合があります。

・お子さんも一緒にご参加いただけます。人数把握のため、エントリーフォームの備考欄に年齢とともにご記入ください。

・相談したいことはないけれど話だけ聴きたいという方も、歓迎致します。お席の配置を変える場合がありますがご了承ください。

・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当日は参加者のみなさんにもフェイスシールドを着用いただきます(子どもは不要です)。ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

▼4Hearts(フォーハーツ)

聴こえない・聴こえにくいことから生まれるさまざまな社会的ハンディキャップや心の問題を多くの人と共有し、地域や社会とともに解決していくことを目指す一般社団法人。代表は、生まれつき重度聴覚障害を持つ茅ヶ崎市在住の那須かおり。2020年5月設立。『みみとこころのポータルサイト』で情報発信中。https://4hearts.net/

 

▼那須かおりプロフィール

生まれつき重度聴覚障害。さまざまな誤解を受けたり、困りごとをうまく伝えられずにいた自身の経験から、気持ちを言語化することの大切さを伝えている。2019年、左耳に人工内耳手術実施。産業カウンセラー養成講座通学中のカウンセラーの卵。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回のみみここカフェの模様はこちらからご覧いただけます↓

障害をこえて誰もが心通じあえる社会は、つくれる。

 

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込