11/20(水) 【WorkationShonan × PASONA JOB HUB】都会で働くビジネスパーソンのこれからの働き方「ワーケーション」について考える会

開催日 11/20(水)
開催時間 19:00~22:00
受付状況 受付中
参加申込

都市部で働くビジネスパーソンにとって様々な可能性を秘めたワーク&ライフスタイルとしての『ワーケーション』。昨今は自治体や企業も注目しているワーケーション(Workation)とはどのようなものでしょうか?

このシリーズは、湘南から働く個人を主役としたワーケーションスタイルを発信する一般社団法人Workation Networkと、多様な人の仕事機会を創出するパソナJOBHUBによるコラボ企画です。ここから、新しい働き方や生き方を考えていく方がつながり広がっていくことを目指しています。

本イベントは3回シリーズ開催を予定しています。第1回は、山梨大学の田中敦さんからワーケーションについての概論をお話いただくとともに、パソナJOBHUBの大田航平さんからは地域に関わる新しいワークスタイル事例などについてご紹介いただきます。その後は、参加者のみなさんと一緒に、それぞれが考えるワーケーションというスタイルを具体的にイメージしていくワークショップも行います。

第2回は場所を都内に移して同様のテーマで開催、第3回は湘南エリアで自分なりのワーケーションスタイルを実践する方々の話を聞き、互いの交流を行いながら、湘南エリアでの新しい生活やキャリアを描きます。

自身の専門性やキャリアを生かしながら、人生100年時代に向けたワーク/ライフシフトを起こしてきましょう。お気軽にご参加ください!

こんな方にオススメです
・複業やフリーランスという働き方に関心のある方
・湘南エリアが好きな方
・ワーケーションという『現象』に興味関心がある方
・自身の働き方に課題を感じ変革を求めている方

日時:11/20(火)19:00~22:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:一般2,000円 チガラボメンバー1,500円(交流会のワンドリンク・おつまみ)

スケジュール
19:00~19:20 オープニング、自己紹介
19:20~19:40 テーマプレゼン①「ワーケションという現象」(田中敦さん・山梨大学)
19:40~20:00 テーマプレゼン②これからの働きかた事例(大田航平さん パソナJOBHUB)
20:00~20:20 パネルディスカッション
20:20~20:50 ディスカッション:各自の考えるワーケーション、過去と今
20:50~21:00 Workation Networkの新たな取組み
21:00~22:00 交流会

田中敦さんプロフィール:
山梨大学 大学院総合研究部 観光政策科学特別コース 教授
JTBに入社しインバウンドやイベントなどの営業・企画や米国・欧州支配人室での人事担当等を経験した後。2000年に社内ベンチャーとして福利厚生アウトソーシング事業を起業。30歳代で取締役となり、2名からスタートした会社を5年間で社員数200名以上の規模へと急成長させた。その後、モチベーション事業会社や観光系シンクタンクを経て2016年、山梨大学に観光政策科学特別コースが設置される際に大学教授に転身。働き方と休み方、都心と地域がクロスオーバーするワーケーションを研究する、数少ない専門家の1人。

大田航平さんプロフィール:
株式会社パソナJOB HUB アウトソーシング部 部長
2003年パソナテックへ参画、人材部門、公共部門などで雇用創造関連の事業に広く従事。地域間格差や情報格差等の現象に着目し、テレワークや複業などの新しい働き方の推進・個の能力最大活用ノウハウの提供等多岐に渡る。2017年に開業し複業を本格開始、人工知能ベンチャーでのマネジメント業務、大手企業の管理職人材に対するコーチングを実施しつつ、人生100年時代に向けた無形資産の蓄積に挑戦中。

【お問い合わせ】
一般社団法人Workation Network info@workation-net.com
株式会社パソナJOB HUB travel@jobhub.co.jp

主催・企画・運営:
一般社団法人Workation Network <https://workation-net.com/>
株式会社パソナJOBHUB <https://jobhub.co.jp/>

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込