7/22(月) 【チガラボSocial】企業人のためのSDGs時代の協働を考える ~地域の人たちと一緒に問題解決に取り組むには?~

開催日 7/22(月)
開催時間 19:00〜22:00
受付状況 受付中
参加申込

【チガラボSocial】企業人のためのSDGs時代の協働を考える ~地域の人たちと一緒に問題解決に取り組むには?~

企業・企業人が地域と関わろうとしたとき、なぜ合理性だけでは上手く進まないのでしょうか?

地域でなにかに取り組むには、さまざまな関係者との協働が欠かせませんが、その時に直面するのは、企業人と地域や社会課題に取り組む人たちとの間の認識やコミュニケーションのギャップです。スピード感、規模、使う言葉、物事の進め方、など、ギャップが生まれる要素はたくさんあります。こうした違いを乗り越えて、あらたな価値を生み出すことが、SDGs時代には必須のリテラシーとも言えますが、なかなか簡単ではありません。

今回は、企業や企業人が、地域の人たちと問題解決を進めていくためにはどうしたらよいのか?というテーマについて参加者のみなさんと一緒に考えます。ご一緒いただくのは、株式会社エンパブリックの広石拓司さん。多くの社会起業家や地域のプレーヤーの育成支援、企業の社会課題解決に向けた取り組みに対しても深い知見と実績をお持ちです。

こんな人はぜひご参加ください
・企業に勤めているが、地域に関わる上で知っておくべきことを考えたい
・地域の人と一緒に活動しているが、うまく事が進まなくて困ることがある
・企業のリソースや企業人としての経験が、社会・地域でどう活かせるのか分からない
・その他、このテーマにピンと来た方ならどなたでも

ぜひ一緒に考えていきましょう!

日時:7/22(月)19:00~22:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:一般2,500円 メンバー2,000円 学生1,000円
 ※交流会のおつまみ・ワンドリンクつき

スケジュール:
19:00~19:20 オープニング、自己紹介
19:20~20:00 テーマプレゼン 広石拓司さん
20:00~21:00 Q&A、ディスカッション
21:00~22:00 交流会

広石拓司(ひろいしたくじ)さんプロフィール:
立教大学 大学院21世紀社会デザイン研究科非常勤講師、株式会社エンパブリック代表取締役
東京大学大学院薬学系修士課程修了。民間シンクタンクを経て2001年よりNPO法人ETIC.に参画し、1,800名超の社会起業家育成に取り組む。08年株式会社エンパブリックを創業。「思いのある誰もが動き出せ、新しい仕事を生み出せる社会」を目指し、地域・組織の人たちが知恵と力を持ち寄る場づくり・仕事づくりに取り組むためのツール、プログラムを提供している。慶應義塾大学総合政策学部非常勤講師も務めている。

株式会社エンパブリック
http://empublic.jp/

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込