6/25(火) ローカルからこれからの働きかたを描く「Workationネットワーク」発足プレイベント

開催日 6/25(火)
開催時間 19:00~21:00
受付状況 受付中
参加申込

人生100年時代となり、SDGs(エスディージーズ。国連で採択された持続可能な開発目標)でも働きかたについての目標が掲げられるなか、わたしたち一人ひとりの働きかたはどれくらい変化したのでしょうか?

Workation(ワーケーション)は、自由に遊び心を持って働くスタイルをつくっていく取り組みです。2018年4月から、逗子・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎の4コワーキングスペースが一緒になって、「WorkationSHONAN」として活動してきました。その地域らしい環境に身を置いてみて、アクティビティ体験や人との関わりを通じて、これからの働きかたをつくっていこう、というものです。

湘南エリアは、ゆるい空気感、自由すぎる大人たち、都心とのほどよい距離感、を活かしたさまざまな実験をしています。江ノ島水族館でワーク、キャンピングカーで海や里山をめぐりつつワーク、ヨガ&瞑想でコンディションを整える、地域のプロジェクトと混ざっての越境学習、などにトライしてきました。

こうした流れのなか、この度「一般社団法人Workationネットワーク」を立ち上げる運びとなりました。同じような関心や問題意識を持って活動をしている地域内外の仲間と一緒になって、Workationを旗印として、国や企業主導ではなく、働く個人がオーナーシップを持って働きかたをデザインする流れを広げていきます。ご一緒したいのは、地域のコミュニティ・ハブの役割を担っているコワーキングスペースのような場を運営している人たちです。

湘南チームがゆるいので、どのような展開になるのかまだまだ未知数なことも多いですが、ワーケーションや働き方のの団体が自治体や民間で立ち上がるなか、競うのでも取り合うのでもなく、一緒に働き方の未来をつくっていきたい、と思っています。

法人設立は7月となりますが、このような動きに関心がある方と、先行して意見交換と関係づくりを進めていきたいという意図で、今回の場を開催することになりました。特にこうした活動の仕掛ける側となる方々とご一緒できればと考えています。

こんな方はぜひご参加ください!
・同じようなテーマで活動したい、すでにしている
・コワーキングスペースを運営していて、この取り組みに興味がある
・地域として、よりゆたかな働きかたづくりに取り組みたい

日時:6/25(火)19:00~21:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:1,000円

スケジュール:
19:00~19:20 オープニング、自己紹介
19:20~20:00 Workationの取り組みについて
20:00~20:30 Q&A、ディスカッション
20:30~21:00 交流タイム

主催:一般社団法人Workationネットワーク ※2019年7月設立予定

運営メンバー:一般社団法人Workationネットワーク 理事
清水謙(コワーキングスペース チガラボ、茅ヶ崎)
阿部真美(Coworker’s Kitchen、逗子)
三浦悠介(NEKTON、藤沢)
岩濱サラ(ThinkSpace、鎌倉)

フェロー:田中淳(山梨大学)

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込