6/24(月) 【チガラボ×Local】介護からカフェまで手がける「リエゾン長崎」さんと、地域の人が集まる場づくりを考える会

開催日 6/24(月)
開催時間 19:00~22:00
受付状況 受付中
参加申込

少子高齢化にともなう地域福祉の問題は、まちづくりの問題そのもの。九州・長崎で介護施設を運営する「リエゾン・グループ」は、福祉の分野に収まりきらない発想で地域と向き合っています。なかでも「CafeClover」は、デイサービス×コミュニティカフェの複合施設であり、リハビリに取り組む高齢者だけでなく、ママさんが集まり子どもたちが走りまわっていたりと、地域の人たちにとってさまざまなテーマや人と出会う場にもなっています。

そんなリエゾン・グループは、さらに多様な世代で地域を面白くする場づくりに挑戦しようとしていますが、現在のところ悩みも抱えているそうです。そこで、チガラボ代表・清水とのご縁から、今後の場づくりに向けては地域を越えて一緒に取り組んでいくことになりました。当日は、リエゾングループの取り組みをお話いただきながら、地域の場づくりについて参加者のみなさんと一緒に考えます。長崎のお土産もありますのでお楽しみに!

以下、代表の川副巧成さんからのメッセージです。
リエゾンのある⻑崎南区は、圧倒的に『若者』が少ないエリアです。若者側も地域で何かやりたいと思っていても、どこから何から⼿をつけていいのかわからない、意欲はあるが相談先がないと感じている人がいるはずです。そこで、学⽣や社会⼈で意欲ある若い⼈同⼠を『地域活動』というテーマでマッチングさせる様なコミュニティをつくりたい。地域のために何かをやりたいと考える意欲ある若い⼈(40歳未満くらいで職業は問わない)が活動したいと思う時に、気軽に相談できるコミュニティカフェなどの場をつくりたいと考えています。そんな若者を集めるシカケづくりを、茅ヶ崎×長崎の『さきざきプロジェクト』としてスタートしたく、ぜひみなさんのお知恵を貸してください!

こんな方はぜひご参加ください
・自分の地域で場づくりに関わっている
・福祉・介護の視点から考えるまちづくりに興味がある
・長崎に興味やご縁がある

日時:6/24(月)19:00~22:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:一般2,000円、メンバー/学生1,500円 ※九州土産・ワンドリンクつき

スケジュール:
19:00~19:20 オープニング、自己紹介
19:20~20:00 九州・長崎のリエゾングループの取組みと課題
20:00~21:00 Q&A、ディスカッション
21:00~22:00 交流会

リエゾン・グループ
https://liaison.gr.jp/

CafeClover
http://ths.gr.jp/studio/cafe

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込