4/7(日) 【チガラボTAKURAMI】”書く”ことで地域とつながる講座 〜実践編〜

開催日 4/7(日) ・4/21(日)・5/12(日)
開催時間 10:00〜13:00
受付状況 受付中
参加申込

【チガラボ×TAKURAMI】”書く”ことで地域とつながる講座 〜実践編〜

『ソトコト』、『自遊人』、『DiscoverJapan』、『greenz.jp』、『森ノオト』など、ローカル&ソーシャルな話題を届ける雑誌やWebメディアでは、それぞれが独自の視点から、社会や地域のことや、その先のよりよい姿を伝えてくれています。

こうしたメディアの取材を通じてその地域を訪れたり人と関わることは、ライターや写真家にとっても貴重な体験になっているはずです。取材者自身が気づきを得て、大きくその生き方を変えることもめずらしくはありません。

本講座では、そんな取材という役割をつうじた”地域とのつながりかた”について実践を通して考えます。書くためのマインドや取材の基本を学ぶだけではなく、自分の執筆テーマを設定し、実際に湘南のまちで活動する方へ取材を行い、記事を執筆するところまでトータルで体験。3回の連続講座で、[“書く”ことで地域とつながる]を存分に体感していただけます。

ご一緒いただくのは、池田美砂子さん。ほしい未来をつくるためのヒントを共有するウェブマガジン(サイトの説明より)、「greenz.jp(グリーンズ)」のライターで、湘南・茅ヶ崎在住の二児のママさんでもあります。

池田美砂子さんからのメッセージ
「地域とつながって楽しく暮らしたい」なんて想いを抱いているみなさん、そのための手段として、”書く”ことを学んでみませんか? この連続講座では、実際に湘南のまちを舞台に活動している方々にインタビューを実施し、取材記事を仕上げるところまで、受講生のみなさんに体験していただきます。スキル習得よりも、まずは体感。講座を通して、「書くって楽しい!」「地域とつながるって面白い!」を実感していただきたいと思います。講座修了後は、湘南のプロジェクトと人をつなぐWebサイト『TAKURAMI』でライターデビューという道も! 書くことに苦手意識のある方も、大歓迎。”書く”ことで地域とつながる豊かな暮らし、はじめませんか?

日時:DAY① 4/7(日)10:00~13:00
   DAY② 4/21(日)10:00~13:00
   DAY③ 5/12(日)10:00~13:00
  ※3日連続参加を基本としています。

場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:各回 一般2,000円 メンバー1,500円 学生1,000円(ドリンク付き)

各回スケジュール:
DAY① 4/7(日)10:00~13:00
【「きく」の心得と準備】
取材の基本を学ぶことからはじめ、一人ひとりの関心事にあった取材先を選定。取材の準備を行う。
・「きく」「かく」の基本マインド 
・自分の棚卸し、テーマ設定 
・取材グループ分け 
・「きく」の基本 
・振り返り、宿題発表 
・質疑応答、交流タイム

DAY② 4/21(日)10:00~13:00
【「きく」の実践、「かく」の準備】
茅ヶ崎のまちで活動する人にグループごとに取材を実践し、一人ひとりが記事を書く準備を行う。
・取材の作戦会議 
・取材実践 
・取材振り返り
・「かく」の基本 
・振り返り、宿題発表 
・質疑応答、交流タイム 

DAY③ 5/12(日)10:00~13:00
【「かく」の実践、記事を贈る】
一人ひとりが自分の記事をつくり、仕上げ、発表する。発表者には参加者みんなでエールを贈る。
・執筆、ブラッシュアップ 
・完成記事発表会 
・まとめの時間 
・交流会

【プロフィール】池田美砂子
フリーランスライター・エディター。茅ヶ崎市在住、2児の母。
大学卒業後、SE、気象予報士など会社員として働く中でウェブマガジン「greenz.jp」と出会い、副業ライターに。2010年よりフリーランスライターとして、Webや雑誌などメディアを中心に、「ソーシャルデザイン」をテーマにした取材・執筆活動を開始。聞くこと、書くことを通して、自分が心地よいと感じる仕事と暮らしのかたちを模索し、生き方をシフトしている。

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込