3/4(月) 【チガラボEducation】山藤旅聞先生と考える、未来をつくるプロジェクト型の教育デザイン②

開催日 3/4(月)
開催時間 19:00~22:00
受付状況 受付中
参加申込

大学入試改革、教育のIT化(EduTech)、フォルケホイスコーレなどの北欧型の教育、高校無償化、リカレント教育など、教育に関するテーマは幅広く、答えがありません。チガラボEducationシリーズでは、人生100年時代の学びのあり方について、さまざまな現場の挑戦から探っていきます。

本イベントは、昨年12月に続いての開催です。前回は山藤先生の高校生によるプロジェクト学習の授業の概要と体験授業について3時間ノンストップでお話しいただきました。

今回は、具体的にどんなプロジェクトが動いているのか(プロジェクトカード)、個別のプロジェクトはどのように進み何が起きているのか(プロジェクトデザイン&ケース)、といった視点で山藤先生の授業を、みなさんといっしょに紐解いていきたいと思います。今回も時間オーバーは必至!?

山藤旅聞さんは、都立武蔵高校の教員という立場で、プロジェクト型の授業に取り組んでこられました。高校生の興味と主体性を引き出しながら、企業やNPOなどの大人の知恵やリソースをかけあわせながら協働の形をつくる。プロジェクトを通じて実際に社会に対してなんらかのインパクトある活動を形にする。活動を通じて高校生が多くの人に関わりながらたくさんの学びを得て成長していったことは想像に難くありません。

チガラボで進める「湘南ワンハンドレッド・プロジェクト」では、シニア世代~現役世代の横断プロジェクトを生み出すことに取り組んでいますが、さらに高校生の世代とも協働できる広がりが見つけられたら、さらに豊かな学びあう地域・社会が見えてくるのではないでしょうか。

教育、人の成長、自分自身の学びと実践、といったことに関心があるかたはどなたでもご参加ください!

山藤先生からのメッセージ
「教育×SDGs×社会」のプロジェクト型の教育デザインを活用し、社会課題を自分ごとに捉え、学び、行動する学生の育成を目指しております。現在、20近いプロジェクトを企業、NPO/NGO、行政とパートナーシップを組んで、実践中です。参加したみなさんと一緒に、僕の教育実践をたたき台に、より良いプロジェクトの作り方や、パートナーシップの広げ方について、言語化したり、図にしていければと思います。

フジテレビで山藤先生の取り組みが紹介されました!
https://www.fujitv.co.jp/futurerunners/

イベント概要
日時:3/4(月)19:00~22:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:一般2,500円 メンバー2,000円(ワンドリンク、おつまみ付き)

スケジュール:
19:00~19:20 オープニング、自己紹介
19:20~20:00 「都立武蔵高校のプロジェクト型授業の取り組み」山藤旅聞さん
20:00~21:00 ディスカッション
21:00~22:00 交流会

山藤旅聞さんプロフィール
さんとうりょぶん
持続可能な社会を実現する行動者育成を目指したプロジェクト型・対話式双方向性教育デザインを実践している。SDGsを使った出前授業や講演を全国で行い、学校を超えて生徒が協働してすすめるプロジェクトも多数。未来教育デザインConfeito共同代表。一般社団法人Think the Earthのプロジェクト「SDGs for School」のアドバイザーとしても活躍中。NHK高校講座講師(2004~2017)、東京書籍教科書編集委員。東京都立高等学校・中学校生物科教員。
未来教育デザインConfeito: http://www.confeito.org
Think the Earth:http://www.thinktheearth.net/jp/

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込