12/15(土) 【チガラボMovie】みんなで「江ノ島シネマ」を作ろう!プロジェクト・キックオフイベント!

開催日 12/15(土)
開催時間 18:00〜21:00
受付状況 受付中
参加申込
2018年、全6回のイベントを通して、「仲間とつながる」「実践的」をキーワードに映像制作を学んできた湘南映画・映像コミュニティ「スタジオMalua」。次はいよいよ、制作から上映までを行うプロジェクトがはじまります!
 
プロジェクト名は「江ノ島シネマ」。鎌倉から藤沢までを走る「江ノ電」の1駅1話ずつ、作家たちが各々の個性を生かした作品を撮り、全15話の短編作品集を作ります。プロの方にアドバイザーについてもらいながら、プロ・アマ問わず、集まった方全員で《予算集め〜上映》まで、ゼロから映画を作り上げることを目指します。また、湘南地域(鎌倉・藤沢など)を舞台にするため、地域の住民の方・企業の方にもご参加・応援いただける作品を目指しています。
 
プロジェクトを立ち上げるのは、湘南映画・映像コミュニティ「スタジオMalua」の代表で、チガラボメンバーの安田ちひろさんです。「スタジオMalua」の詳細は、こちらをご覧ください↓
https://ameblo.jp/movieandcigger/entry-12423958707.html
 
今回は、プロジェクトのキックオフイベントになります。興味のある方はぜひご参加ください!
 
——————————————————
<安田ちひろさんからのメッセージ>
 
現在、このプロジェクトに参加してくださる方を募集しています。
アマや初心者の方でも、技術の有無関係なく、主体的に関わってくださる方を求めています。
 
【来て欲しいひと】
・映画・映像作家・もしくは映画・映像作家目指すひと
・自由な作品づくりをしたいひと
・映画・映像制作に興味があるひと
・このプロジェクトやコミュニティを面白がってくれるひと
以上のどれかに当てはまる方。
 
【経験できること】
・撮影や録音技術を学べる
・撮影現場を経験できる
・映画、映像関係の人との出会い・交流
・映画制作の流れを知ることができる
・作品を作り上げる達成感を味わえる
 
【監督・または監督・脚本両方で参加希望の方】
監督・脚本希望の作家の方は審査がありますので、今までの映画・映像作品をお持ちいただくか、イベント後に作品データやHPのURLなどをお送りください。
また、一定のクオリティを確保するため、脚本は小林弘利先生の監修、映像は高橋巌先生の監修のもと行います。
 
【脚本のみ希望の方】
脚本募集枠を数枠設ける予定です。詳細をお待ちください。
また、一定のクオリティを確保するため、脚本は小林弘利先生の監修のもと行います。
 
《支えていただくプロの方々は・・・》
シリーズ原案・構成は脚本家の小林弘利さん(代表作「ブタがいた教室」「ウルトラマン」「大阪環状線」など)
全体アドバイザーに映画監督の高橋巌さん(代表作「八月のかりゆし」「infinity ∞ 波の上の甲虫」など)
撮影技術アドバイザー・小島真也さん(http://www.s-kojima.com/profile
録音技術アドバイザー・大須賀淳さん(https://junoosuga.com/
など、多くの方に支えていただいてます。
 
まずご興味がある方は、このイベントに来ていただきお話を聞いていただければと思います。
 
——————————————————
 
<イベント概要>
日時:12/15(土)18:00~21:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F
   https://goo.gl/maps/Zu3n2C5oGQp
   ※茅ヶ崎駅徒歩3分
参加費:一般1500円、メンバー/学生1,000円
申込方法:当イベントページの参加ボタンまたはホームページ(https://chiga-lab.com/)よりお申込みください。
 
<内容(予定)>
・メンバー顔合わせ
・企画概要のご説明
・資金集め〜撮影の進め方のディスカッション
・交流会 など
 
<主催者プロフィール>
安田ちひろさん
湘南映画映像コミュニティ・スタジオMalua代表。1987年生まれ、茅ケ崎在住。和光大学表現学部卒。大学在学時に自主映画制作を始め、現在まで5本制作。2012年、脚本家・小林弘利氏に師事し、脚本家として活動開始。2016年、関西テレビ深夜ドラマ「大阪環状線〜ひと駅ごとの愛物語〜」第8話脚本など。現在、湘南映画映像コミュニティ・スタジオMaluaを立ち上げ準備中。
イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込