10月20日(土) 【チガラボ×Local】西粟倉村・牧大介さんと、森のうなぎを食べながら地域の仕事のつくりかたを考える会

開催日 10月20日(土)
開催時間 14:00~17:00
受付状況 受付中
参加申込

人生100年時代、働きかたがますます多様になっていくなか、仕事を選ぶことだけでなく、仕事を生み出すことがより重要になっていきます。そこで求められるのは、自分自身とも向き合い、多様な人とも関わりあいながら、取り組むテーマを見つけていくことです。そして、そのヒントと機会は、いま、ローカルにこそあふれています。

岡山県西粟倉村は、人口1,500名の小さな村ですが、この10年ほどの間に約30社もの新たな事業が生まれています。「ローカルベンチャー発祥の地」と言われる西粟倉村。そのキーパーソンである牧さんは、自らも事業を生み出しながら、新たなベンチャーの担い手の育成・支援も担っています。

トークセッションでは、地域での仕事のつくりかたは?、地域というフィールドの可能性とは?、実際にどんな事業が生まれているの?、なぜ「森のうなぎ」??、などなど語っていただきます。また、牧さんと西粟倉村の取り組みを語った著書『ローカルベンチャー ~地域にはビジネスの可能性があふれている~』(木楽舎)も販売します。
http://amzn.asia/d/46oPw87

交流会では、牧さんが代表を務めるエーゼロ株式会社が旧影石小学校の体育館で育てる「森のうなぎ」を使った軽食もご用意していますので、お楽しみに!
http://gurugurumeguru.jp/morinounagi/

日時:10/21(土)14:00~17:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:3,000円(森のうなぎを使った軽食、ワンドリンクつき)

スケジュール:
14:00~14:20 オープニング、自己紹介
14:20~15:20 牧大介さんのお話
15:20~16:00 Q&A、ディスカッション
16:00~17:00 交流会

牧大介さんプロフィール:
エーゼロ株式会社 代表取締役、株式会社森の学校 代表取締役
京都府出身。京都大学大学院(森林生態学研究室)修了後、民間シンクタンクを経て、2005 年『アミタ持続可能経済研究所』設立に参画し、所長に就任。FSC 認証制度を活用した林業経営改善をはじめ、農山漁村での新規事業を多数プロデュース。2009 年、『株式会社西粟倉・森の学校』設立。木材・加工流通事業を立ち上げる。2015 年、『エーゼロ株式会社』を設立し、農林水産業の総合的な6 次産業化に向けて研究開発を開始。

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込