8月22日(水) 【チガラボWork&Life】一年間の車生活から見えてきた、くらしかた・働きかたのカタチ

開催日 8月22日(水)
開催時間 19:00~22:00
受付状況 受付中
参加申込

働き方改革が企業や働くひとにとっての重要なテーマとなっていますが、どこに住み、誰とどのように暮らすのか、というくらしかたを抜きに仕事だけを切り離して考えることはできません。より自由なワーク・ライフスタイルを求める流れは今後ますます加速していくでしょう。

「Workation(ワーケーション)」の認知度もあ高まり、場所に縛られず楽しみながら働く価値観が広がっています。企業はワークライフバランスに配慮し”複業”を許可したり、”ワークシェア”に取り組み出した会社も増えています。国も”テレワーク”など、場所にとらわれない働き方を推奨しています。

では、これからの社会に必要な”生きる力”とは? 身の回りに本当に必要なものってなんだろう?
今回は、そんな問題意識を持った結果、家を引き払って車で暮らし始めてしまった(!?)大田謙太郎さんをお迎えします。これからどうやって生きるのか?人生100年時代を迎えるなか、人生設計を見直すことも必要かもしれません。参加者のみなさん一人ひとりの理想的な生き方を考える機会にもできればと思います。

大田謙太郎さんからのメッセージ
こんにちは。サーフフォトキャラバンの大田謙太郎です。私は昨年2017年7月~部屋を持たずに車で生活しています。海が好きでサーフィンしたりビーチクリーンしたりアーシングしたりと自然や地球を感じる暮らしを模索しています。2018年3月にはクラウドファンディングにて100名の方から612000円のご支援を頂き、中学の同級生でカメラマン@藤原浩と共に湘南~福島のビーチでクリーン活動と写真撮影を行ってきました。今回はチガラボさんでの報告会として以下のテーマで皆さまと対話できることを楽しみにしています。

当日は、暑さにも負けず、駐禁にも負けず、海岸放浪のライフスタイルから得た車生活の経験を余すことなくお伝えいただきます。また、謙太郎さんの同級生で写真撮影でサポートしている藤原浩さんも、現場で切り取った写真とともに車生活の様子をお話しいただきます。また、車生活を再現して、車上食(?)なども振る舞っていただける予定です。

多拠点生活や移動生活、ノマドやテレワークなど場所に固定されないくらしに興味がある方から、車で暮らすってどうやるの?という方まで、お気軽にご参加ください!

日時:8/22(水)19:00~22:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:2,000円 ※ワンドリンク、車上食(?)、おつまみ付き

スケジュール:
19:00~19:20 オープニング、自己紹介
19:20~21:00 1年間の車生活から見えたもの(大田謙太郎さん)
21:00~22:00 交流会

イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込