6月18日(月) 【チガラボSocial】未来の茅ヶ崎を考えよう!~SDGs作戦会議~ by 湘南ワンハンドレッドPRJ

開催日 6月18日(月)
開催時間 19:00~22:00
受付状況 受付中
参加申込

【チガラボSocial】未来の茅ヶ崎を考えてみよう!~SDGs作戦会議~ by 湘南ワンハンドレッドPRJ

人生100年時代を生きるわたしたちにとって、長い視点で世の中の動きを知り、考えることは大切なテーマのひとつ。オリンピック/パラリンピックが近づき、AIや仮想通貨などテクノロジーや地方創生の動きも活発です。わたしたちがくらす、湘南・茅ヶ崎も、どんな未来に向かっていくのでしょうか。

未来を考えるワークショップやイベントは各地で開催されていますが、漠然とした妄想をふくらませるだけでは、なかなか自分のテーマにつながりづらいもの。大きく国や地域が向かおうとしている視点を知った上で、ふだんのくらしの目線で関心が持てるテーマに引きつけて考えてみる。そこから、小さな一歩につながっていけば、行動も起こしやすくなりそうです。

今回は、大きな動きを理解する視点として、SDGsや国や行政の動きについてのお話を聞きつつ考えます。ゲストスピーカーは、博報堂CSR推進担当部長の川廷昌弘さん。SDGsが採択された際に、日本語正式版の作成を働きかけるなど重要な役割を果たし、SDGsの普及にも尽力されています。また、東北の南三陸で持続可能な地域を目指す取り組みに関わるなど、現場にも精通されています。

抽象的で難しい話をするのではなく、身近な地域やくらしの目線で茅ヶ崎のこれからを考える場にしてきたいと考えています。お気軽にご参加ください!

日時:6/18(月)19:00~22:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
   茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:一般2,000円 メンバー/学生1,500円

スケジュール:
19:00~19:20 オープニング、自己紹介
19:20~20:00 テーマトーク:SDGsを地域で考える(川廷昌弘さん)
20:00~21:00 ディスカッション:次のちがさきを考える
21:00~22:00 交流会

<川廷昌弘さんプロフィール&メッセージ>
博報堂CSR推進担当部長、日本写真家協会のメンバー、ソーシャルコミュニケーションのプロボノ団体の代表、地域のNPOのアドバイザー、さらに神奈川県非常勤顧問(SDGs担当)でもあります。趣味は波乗り。最近の話題は茅ヶ崎に新築した自宅。国産の素材をふんだんに使った、新築戸建では国内初の国際森林認証FSCの家で、多くの人とのつながりと物語のある空間でさまざまな構想が浮かぶそうです。

 

「湘南ワンハンドレッド・プロジェクト」について
「現役世代からの人生100年時代の生き方のリ・デザイン」をテーマに、NPO法人湘南スタイルが主体となり、神奈川県との協働事業として取り組んでいます。主な活動は、①地域のロールモデルづくり(調査、取材、発信など)、②まちのキャリアラボ(相談、コーディネートなど)、③企業向け越境プログラム(研修、インターン等の企画運営など)。メンバーは、主にコワーキングスペース「チガラボ」のメンバーや興味を持った地域の人たちです。ご興味あるかたは活動やイベントにお気軽にご参加ください。
イベントへの参加申込は以下のボタンよりお進みください。
参加申込